オクレンジャーは東日本大震災でも活躍

■エピソード1(安否確認)
・地震発生当日に、社員や家族などの安否確認が完了。
至る所で電話にて安否確認をしている為、混線し繋がらない。
⇒オクレンジャーを使用し事前に登録していた安否確認メールを送信。 全員の回答状況を一覧で確認し、安否確認が素早く完了。

■エピソード2(緊急連絡)
・社員全員へ会社から発信する重要な情報を確実に伝える。
⇒会社から物資調達の連絡、出社、任意出社、自宅待機など選択形式で社員へ送信し
出社状況を一覧で把握。
さらには、社員の回答状況に合わせ、出社予定の社員には、当日の公共機関の
運行状況を連絡し出社をサポート。
大きな混乱に巻き込まれる事はありませんでした。

オクレンジャーの特徴

■メールアドレスの管理は必要ありません
利用者は個々に「オクレンジャー独自のID」で認識・管理をしています。
そのため、個人情報となるメールアドレスを収集・管理する必要がありません。

■いつでも、どこからでもメッセージ配信ができます
オクレンジャーはメールを送るのと同じような感覚でご利用頂けます。
また、パソコンだけでなく携帯電話でも簡単にメッセージ配信が行えるので、
出先や緊急時など何時でも・何処でもご利用頂けます。

■未読・未回答の確認が一覧で確認できます
連絡配信後に、メッセージを見たか・見ていないか、また質問内容の回答や返信
メッセージを一覧表で確認でき、結果をダウンロードし集計も可能です。

■便利な機能が充実してます
ご利用団体に合わせた柔軟なグループ分け・宛先選択、利用者の登録・変更・削除を
簡単一括操作、メッセージの予約配信やテンプレート作成、災害時に安否確認を、
自動配信(オプション)など、充実・便利な仕組みで連絡配信を行って頂けます。

■迅速なサポート体制
専用のヘルプデスク(電話・メール)をご用意しております。
操作方法や設定変更など、ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

オクレンジャーとその他の連絡網との違い

■メールを利用した連絡網
・連絡時に確認できなくても後で確認できる。
・緊急、災害時にもすぐに連絡できる。
・次の人に回す必要がない。
・文字として正確な情報を届けられる。
・集計作業が必要なく、すぐに結果がわかる。

■その他の連絡網
・留守や、電話に出られない場合がある。
・多数の人の手を煩わせる場合がある。
・正確、確実に伝わったか分からない。
・緊急、災害時に時間がかかる。
・集計に時間がかかる。

オクレンジャーの導入事例

■どこにいても確認できる−教職員と学生を結ぶ確実な連絡網。 (S女学院大学)
・オクレンジャーを導入したことにより格段に学生への情報伝達の確実性とスピードが
向上しました。

■「一方通行」から「双方通行」へ! (Tバス株式会社)
・未読、回答確認、文章返信が行えるので、未読者に対して個別に対応できるように
なりました。非常に使い勝手が良い!

■紙の印刷物ゼロに! (Aスポーツ少年団)
・「大会のお知らせなどを、毎週配っていました。一回に全て配れればいいのですが、
欠席したりすると、 次回の練習時まで紙を渡せないなど大変でした。」
そんな時、「オクレンジャー」を見つけ導入することに決めました。

※上記以外にも学校、病院、社会福祉法人、レストラン、不動産等で導入された方々の
導入事例が紹介されています。詳しくはこちらを参照下さい。

リンク

朝日ソフトウェア開発(株)

〒210-0005
川崎市川崎区東田町8番地
パレール三井ビル15階
TEL.044-222-1771
FAX.044-222-1780